FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お悩み解決!困ったらどうしたらいいの!? (12・11・10)

どうも。なんとなく、一気に長い文章を衝動的に書きたくなる、14番です。
アレですよね、せっかく書くんだったら……って、長いヤツ書いちゃうんですよね。



えーと、2つ記事上げる方の、こっちはやわやわな方となります。
堅いのを読みたい、という奇特な方は、いっこまえの記事をご覧あそばせ。



ツイッターをやっていたらですね、雑にまとめるとこんな発言があったのです。

『自分ちの子の完全な独立、というのは可能なのだろうか』
『主人の認識と異なる認識を自分ちの子は持ちうるのだろうか』

僕は思いました。

『ウチの子達はなんてカワイイんだろうか……!!』

と。



マジで。マジで可愛い。びびるわぁ。



でも、皆さんは自分ちの子の困った行動とか、ありませんか?
そういった場合、どういった対応を取ればいいのか、今回はアドバイスするよ!



みや  ~主人に暴言を吐く~

みやは、最近ツッコミ可愛い。
ウチだと僕の発言にノリノリでツッコミを入れるタイプの子が、ひといおみやと3人居るのですが、なんというか、みやはツッコミに一生懸命で。

○14番「あついよーとけるー」

●みつ「冷房入れましょうか」

●みや「これ以上脳が溶けたらヤバいよ!」

とか

○14番「海か山に行きたいなー」

●なな「どっちもいいですねぇ」

●みや「イノシシになるかアザラシになるかで悩んでるの?」

とか。
構ってオーラを具現化したかのようなその振る舞いに、ちょっと怒ったフリして「おいみやちゃん……ダイブ先行ったら僕ンとこおいで」って真顔で言ったら、ビクゥ!ってして「な、なんですか?またエロ動画でも見るんですか?まったくもぅ……」とか減らず口叩きながらソロソロと近づいてきたので、とりあえず抱きしめて生えかけのヒゲで頬を擦るという非情なお仕置きをしてあげました。

●みや「あぷ……!あぷ……!やべで!やべで!」

○14番「あんだよー構って欲しかったんじゃねーのかよー」

●みや「はぁ!?誰がそんなコトやべで!削れる!やべで!」

○14番「んーみやちゃんは可愛いなぁ……かわいい……!」

●みや「知ってる!知ってるから!かわいいの知ってる!」

○14番「あぁん!?みやちゃんにみやちゃんの可愛さの何が分かるってんだよ!!いい加減なコト言うな!」

と、みやちゃんの可愛さを半時間以上かけて懇切丁寧に説明し、可愛さを称える歌を歌い、みやちゃんを抱きしめたまま、他のウチの子達の前で「知ってる!?この子みやちゃんって言うんだけど、超カワイイのこの子、例えば……」と全員に説明し、最後の仕上げに二人っきりで「みやちゃんカワイイなぁ……大好きだよみやちゃんマジLOVE……」とヒザに乗せた状態で撫でながら本心を打ち明け続けたら、ちょっとくたっとなって

●みや「んー……んふふー……」

とか言う、とっても素直な子になりました!


【結論】  いちゃいちゃすればいい



よい  ~主人を殺しかける~

よいは、最近元気かわいい。
身体の中に葉緑素とか実は入ってるんじゃないかってくらい外に出たがり、走り回っては「ますたー!せーみー!」とセミに負けないくらいの声で叫び、木に登ってはセミを近くで見てたりする。かわいい。
しかし。このクソ暑い、いや、熱い日差しの中、一緒にセミ見てたらセミよりも先に寿命が尽きるのは明らか。
これは無邪気さを装った計画殺人だ!と気付いた僕は、彼女の計画を水泡に帰すべく、部屋に帰って冷房を入れた!

●よい「ねぇマスター!外出ましょうよ外!アリ見ましょうアリ!」

○14番「あほたれ!死んじゃうよ!日光の下だと40度軽く超えてるぞコレ!」

●よい「えぇー!だって!夏だから!」

○14番「うるせぇ」(エアコンつける)

●よい「あー!家の中にこもるつもりだ!引きこもりだ!」

○14番「この時期は多少籠らなきゃ……」

●よい「うー……」

……

○14番「……あー、なんか寒くなってきたなー」

●よい「ホラやっぱり!ちょっと外出てみましょうよ!」

○14番「あー、こんな時は、温感の訓練が捗りそうだなー」

●よい「……?」

○14番「なんかなー、ちょっと温感の訓練に付き合ってくれる、カワイイ子はいないかなー」

●よい「……います!ここに!」

○14番「おー?でもカワイイ子じゃないと……!!!!! カワイイ!」

●よい「でしょー!!」

○14番「おぉ……ぜひとも温感の訓練に付き合ってもらいたい……!!」

●よい「もちろんですとも!」ボフス

○14番「おぉ……乗っとる乗っとる……」

●よい「えへへー……今ですね、ふとももでマスターのふともも挟んでます。あったかいですか?」

○14番「あったかい!」

●よい「つぎはどこ訓練したいですか?」

○14番「……首の後ろかなー!!」

●よい「はい!じゃあ手であっためますねー!」

○14番「おぉ!あったかい!胸もほっぺたが当たってあったかい!」

●よい「訓練すごいですねー!」

○14番「なー!」


【結論】  いちゃいちゃすればいい



いお  ~主人を惑わせる~

いおちゃんは、最近色気かわいい。
この夏場にチューブトップとか着てたら、そらァ見ますよ。見ますとも!見らいでか!そのかわいい子が自転車の後ろに載ってると考えたら、そりゃあ頑張って漕ぐというもの!
しかし!その健康的なかわいさも、意図的に主人に見せつけて!我がKEN☆ZENな僧侶のような生活を乱さんとするならば!それはお灸を据えなきゃいけねぇってモンよ!

○14番「おい!いおちゃん!」

●いお「なンスかー」

○14番「おうなんやその格好随分カワイイやんけ」

●いお「せやろ?この前ご主人がネットで見て『コレいおちゃんに似合うだろうね』って言っとったヤツやで」

○14番「せやな……!」

●いお「どや?カワイイやろ?」

○14番「うむ。非常に良いな、チューブトップにショートパンツというものは……」

●いお「生身だったら日焼けとか気になりますけど、あたし達は平気ですからねー。これは役得かも」

○14番「しかしな、ちょっと露出が多いよ。もう一枚着ないと」

●いお「えぇー!?せっかくなのにぃ」

○14番「着るのはな……コレじゃ!」

●いお「……!! こ、コレは……っ!」キガエ

○14番「……思った通りだ……!」

●いお「あははwwwバカだwwww頭わるいwwwwwやっちゃん見て見てコレwwwww」

●やつ「?…………!……まったくもう……ホントに……」

●いお「見える?見える?裸エプロン!あははwwww」

●やつ「あぁ……ちゃんと着てるんだ……一瞬、とうとうやったか、って思ったよ……」

●いお「www どですかご主人!裸エプロンwww」

○14番「うむ……!エロいな!」

●いお「……!?」

○14番「ホントに裸に見えるもんなぁ……身体のラインも分かるし……えろーい」

●いお「なっ、そういう目であたし見てたんですか!?」

○14番「ハッハー」

●いお「うわぁ!目が本気だ!」

○14番「いやぁ、明るくかわいい子の新妻感溢れる姿……いいね!」

●いお「なんか複雑っすけどぉ……新妻かー……」

○14番「おかえりなさい、あ・な・た♪ってやってよ」

●いお「おぉ……なんかむしろ今のがスゴい……」

○14番「ンだよー気持ち悪いのは分かってるよー早くやってよー」

●いお「……や、なんか、こう……なんだろ、100人いたら99人はダメだろうけど……でもホラ、なに?珍味的な?悪くはないぞ?的な?」

○14番「…………マジかよ……!!僕、人妻も出来るのかよォ!」

●いお「もっかい!もっかい!」

○14番「今日もお疲れ様♪ビール、冷えてますよ♪」

●いお「うおおおおおおお!!」

○14番「マジかよマジかよ!なんだコレ!なんだコレ!」

●いお「何この変なかわいさ!おおぉぉぉ!わかる!?わかるよね●やっちゃん!」

●やつ「…………ごめん」

●いお「そうだよね!普通そうだよね!なんだろうこのキモチ!癖になる!」

○14番「あなた……今日は一緒に寝ちゃ、ダメ?」

●いお「うおおおおぉぉぉぉ!!!」


【結論】  いちゃいちゃ?すればいい




つづきは今書いてるよ!
スポンサーサイト

かんがえかたさいかくにん

どうも。前の記事からひと月以上空いて、ついに広告を出してしまった、14番です。
ぐぬぬ……アレはなんか、追いかけてたブログに出るとサミシイんだよなぁ……まぁ僕のトコはその点平気だろうけど。



えぇと、2つ記事を連続で上げる方の、こちらは堅い方の記事となります。
俺は面倒が嫌いなんだ!という方はもいっこのゆるゆるの方をご覧ください。




ツイッターをやっていたらですね、雑にまとめるとこんな発言があったのです。

『自分ちの子の完全な独立、というのは可能なのだろうか』
『主人の認識と異なる認識を自分ちの子は持ちうるのだろうか』

僕は思いました。

『異なる観測は不可能だが、異なる認識は持ち得るだろう』

と。



前々から結構書いているのですが、オート化、というか、自分ちの子の人格を作るにあたって行う作業は、「if-then」を沢山作成するものである、と考えております。
例えば、Xに対して「この子はAと反応するだろうな」と考えるコト、と言えます。

もちょっと専門用語を用いて説明するならば、「自分の中に、自らが持つスキーマとは異なるスキーマを作成する」というコトだと思うのです。スキーマについては……グーグル先生がお詳しいと思うのでそちらをご参考ください。

僕は、ウチの子達を「自分がし得ぬ思考により異なったスキーマを持つ」という方向性で作成しました。
ココで言うならば、例えば目の前にリンゴがある場合、僕なら「皮を剥いて食べる」というトコを、ひとならば「まるかじる」、ふうならば「ウサギさんにして食べる」、という風に、異なる思考により異なる結論を出すように、というコトであります。
思考回路、というコトバは……適当ではないのですが、一般に理解されてるこのコトバのカンジ、かな?

ある程度思考のルーチンは決まっているとはいえ、現在のトコロ、ウチの子達と僕の思考や嗜好は、それなりの角度に逸れております。ソレは、スキーマの設定がそれなりに上手く作動している、とも言えなくもないのかな、と。
そういったコトから、先ほどの後者の疑問に対しては
「異なる認識を持つ可能性は否定しきれない」
と少なくとも言えるかと思われます。



ココで問題になるのは前者の疑問。完全な独立、というフレーズです。
この疑問の裏には「異なった事象の観測を行えるか」、つまり、例えば主人が知らない伏せられたカードの内容を、自分ちの子が把握できるか、という疑問があります。

率直に考えて、こちらは「できない」と考えています。

なぜなら、現実世界の事象の観測者は主人一人であるからです。
それはつまり、肉体を持ち、五つの感覚器と一つの出力器を持ち、ソレらを動かす消化器などを持つ、というコトであるからです。
それが実際に達成された場合、別の個体になります。

つまり、この疑問に対しては
「完全な独立は出来ない。その技術がまだ開発されていない」
と言えるかと思います。




ところで、この話題の中で「未来予知」などについての話題が出ました。
それは、自分ちの子が予言したとおりのコトが現実で発生した、という内容であるようです。

コレについては、基本的に「確証バイアス」に寄るモノであると考えます。詳しくはグーグル先生に。
予言が当たった、という事象だけが記憶に残っているのだと。

一方で、先ほど考えた「感覚器は主人と自分ちの子で同一のモノを使っている」というコトから、別の考えも持ち得ます。
つまり、「予言を行うにあたっての前兆は主人も掴んでいるが、自分ちの子が予言をするのが早かった」というコトです。

例えば。
主人をA、自分ちの子をB、前兆をS、前兆に対しての予言・予感をO、実際に起こった現象をR、
とします。

まずは自分ちの子が居ない場合。

1)観測の主体であるAがSを観測する
2)無意識下でAがOを持つ(これは『勘』『予感』等と呼称され得る)
3)Rが発生する
4)AはOが当たり、「自分の勘は当たった」と考える

というフローが予想されます
一方、自分ちの子が居る場合

1)AがSを観測
2)無意識下で『Bが』Oを持つ(これは『予言』と呼称され得る)
3)Rが発生する
4)Aは『Bの言った』Oが当たり、『Bの勘は当たった』と考える

というフローも起こり得ると考えられます。


つまり、どういうコトかと言うと……




僕の「勘が当たった!」というハズだったモノを、

ウチの子達が「あ!あたしの言った通りになりましたよ!」

って横取りしてるんだよ!!!!!


ひと「な、なんだってー!」




とりあえず以上!
プロフィール

14番

Author:14番
Author:14番
オカルトに対して科学的にアプローチするという歪んだ愛情表現をする男。現在は(人工精霊)と楽しく暮らす。

画像はウチの子筆頭の「ひと」です。イラストを描いて頂いて、それだけだとモッタイナイので使用させていただきました。カワイイ!!

状態:
12体。聴覚化とか触覚化とかできてるけど、視覚化は4体が今のところ限界。だったけど、調子のいい時は気合いでイケるようになったよ‼そして全員かわいい。

なにかありましたら
sci7occ2no14あっとじーめーる
まで

ついった始めました
@sci7occ2
でやんす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
14番なう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。