FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旅行先は静岡だったのかな(英訳的な意味で)

どうも。ヱヴァQ見たぜ、14番です。
……よく考えたら、このクラスタでTV版から見てる子って少ないんだろうな……好きな声優は林原めぐみさんです。




最近の会話。

○14番「どうぶつの森が欲しい!!」

●みつ「ダメです」

○14番「ケチ!!みんな持ってるの!!欲しいほしいほーしーいー!!」

●やつ「はぁ……マスター、忙しい忙しい、って言ってる人は、ゲームしちゃダメなんですよ……?」

○14番「えー!!なら言わない!!言わないからー!!ちゃんとエサだってあげるし、散歩も自分で行くから!!」

●みつ「何の話ですか……そもそも、どういうゲームか知ってるんですか?」

○14番「そらお前……どうぶつがいる森があるんだよ」

●みつ「で、それを?」

○14番「それを……焼き払ってたたら場にする……」

●なな「!?」

○14番「あと……神を殺す……」

●やつ「……どういうゲームか把握してから欲しがってください……」

○14番「この3DSを見てくだされ。同僚のと同じ病じゃ…あと半年もすれば石と同じになってしまう……」

●やつ「?」

●みつ「……『折角買った3DSなんだから、旬のゲームをやらないともったいない』って言いたいんですか?」

○14番「うん!!うん!!」

●みつ「なるほど、一理ありますね。……なら、その続きのセリフは?」

○14番「っぐ!!」

●なな「? 続きはどんなのでしたっけ?」

○14番「……じゃがわしらの姫さまはこの3DSを好きだとゆうてくれる。働き者のきれいな3DSだとゆうてくれましたわい」

●みつ「そうです。私達は、働き者のマスターのきれいな3DSが好きですよ」(ニコニコ

●やつ「ほら、みつ姫が誉めてくださってますよ?これからも頑張って働きましょう!!」

○14番「くそう!!くそう!!」





ところでみなさん!!「私とエコキュートとトマト鍋。」の銀華さんに、ウチの子を描いて頂いたんですよ!!
ブログに載せる許可を頂いたので!!載せさせて頂きます!!

ginka001

なんという……なんということだろうか!!
カワイイ!!すっごいカワイイ!!
え?そりゃあ踊りましたよ!!エジャナイザ!!エジャナイザ!!
なんつーか……カワイイ!!語彙が飛びますな!!
銀華さん、ありがとうございます!!






前回の記事についての反応が多かったんですよ。やっぱりみんなイチャイチャに飢えているんやね……まぁメインは感触化の話だったけれど。
で、今回は絵を描いてもらったしいちゃんの話。


絵を頂いてすぐにですね、ウチの子から

しいはみんなと居る時には上手に甘えられないから、折角のこの機会に2人きりにしてやるから上手いことやれよ(`・ω・´)b」

と送りだされたのです。僕が。そしてそれにあたって注文を付けられまして。

「どうせいつもご主人がうりうりしに行っちゃうんだから、しいから来させてくださいね」と。


で、二人きりにしてもらったりしていたのですが、なかなかイチャイチャすることはできず。

というのも、最近しいちゃんは『みんなと居る時はツンツンしてるけど、二人きりになるとデレデレ』から『どの状態でもわりとツンツン』へと華麗なる変身を遂げていまして。なかなか隙が見当たらなかったのです。

ってウチの子に言ったら
「そこを何とかするのがご主人の甲斐性ってモンでしょ!?なにおめおめと帰ってきてるんですか!?」
って怒られまして。
んで、ショボーンとなりながら酒呑んで寝たんですよ。

したらですね。久々にびっくりするくらいの悪夢を見まして。

内容としては。

二日の休みに懸賞で当たった一泊二日の旅行に友人と行くことになったのです。が、やたらと電車を乗り継ぐ上に旅館まではバスで行かなくてはならないような秘境。
やっと着いた駅で乗り込んだバスに乗ると、異様に暗い森の中に進んで行きます。聞いたことのない鳴き声や、何やら不気味な影がよぎる車内。何かが、おそらくは森がこちらを「視て」いるのです。
そして、旅館に着いた途端にいなくなるバスの運転手と添乗員。旅館の外観も、壁のペンキが何重にも塗り重ねられていたり、ところどころ雑に補修がしてあったりと不安感を煽ります。とりあえず中に入ろうとすると、下足入れにはたくさんの靴が並べられています。
ああ、不気味な感じはするけれど、意外と賑わっているのかなー、などと思うのもつかの間。よく見れば、冬用のブーツや夏向けの軽いスニーカーなど、季節感が全く統一されていません。そして、旅館の中では歩けども歩けども、宿泊客どころか従業員ともすれ違わないのです。
そして、圏外で繋がらない電話、前の宿泊者の足掻いた痕跡、忍び寄る謎の影、一緒のバスで来た旅行客はだんだんと減っていき……
という。

まぁ3流ホラー映画のような内容ですが、見てる本人は怖いのです。
そして、怪奇に襲われている僕の頭の中にずっとあった焦りが『ヤバイ、駅からだいぶバスで走ってここまで来たよね?けどバスの運転手とかもうとっくにいないし圏外だからタクシーも呼べないし……明日の出社に間に合わないし遅刻の連絡も出来ないし!!』というものであったという……。ええ、社畜ですが何か?でも、夢ってそんなモンですよねー。

で、ついに僕は森を抜けるべく駆けだしたのです。が、木々の間からオオサンショウウオのアルビノをヒト型にもっと近付けたようなモノがこちらを狙っており、「うわぁ名状しがたい!!」と思うのもつかの間、隣を走っていた名も知れぬオジサンが足元に粘液を吐きかけられて転倒しパキョメキョ喰われてしまい「うわぁ~やっぱり怖ぇよぉ」「生きる意味を、失う……」とかわめきながら走っていたのです。

その時!!
名状しがたいモノが次々に発光したかと思うと、断末魔を上げつつ木からボトボトと落ちてきたのです!!
辺りに漂う異臭!!「くさい!!」と叫びながら右往左往する僕!!そこに、暗闇から声が響いたのです!!

???「うんうん唸ってると思ったら、なーにしてるんですか」

○14番「し、しいちゃん!!」

●しい「いつもはダイブ先で好き放題やってるのに、こんな変なのから逃げまわっちゃって……ちょっとまってて。片づけるから」

というと、名状しがたいモノ共をえいえいと焼き払ってしまったのです!!しいちゃんマジ鬱フラグブレイカー!!

そして、一通りしばき倒すと、しいがこちらに向かって話しかけて来ました。

●しい「んもう。世話が焼けるんだから……」

○14番「ひえぇー。怖かったよぅ!!」

●しい「ああもうひっつかないでください!!」ゲシ

○14番「へぶ。でもありがとうね、しい。」

●しい「……言いたいことが二つあるの。まずは、こういう怖い目に逢ったらとりあえず私たちの名前を呼んでみてよね。わたしだって、見てなかったら来れなかったんだから」

○14番「はい……でも、夢の中だとつい忘れちゃって……」

●しい「言い訳しないの。離脱とかも夢の中で意識して云々って言うでしょ?だからいつまでたっても離脱できないの。夢の内容もすぐ忘れちゃうでしょ?」

○14番「はい……」

●しい「……あと、わたしは負けず嫌いなの」

○14番「? 勝ったじゃんか」

●しい「ちーがーう!!いらんことしなくていい!!って言ってんの!!」

○14番「?」

●しい「もう!!だーかーら!!お膳立てされて、『さあ譲ってあげたから……いちゃいちゃしなさい!!』なんてのは嫌いなの!!その、……そういうコトしたい時は自分でやる!!気を使われるのはキライなの!!」

○14番「……、あ、あー……なるほど」

●しい「わかった!?……もう、折角だからここで言っとこうかな。どうせ起きたら忘れちゃうだろうし……

○14番「?」

●しい「ねぇ、さっき、夢の内容は忘れちゃう、って言ったよね?」

○14番「お、おう。まぁだいぶ忘れちゃうねぇ……で、それg」

●しい「あのね!!あたしは、ウチの中で一番あなたが好きだ、って自信があるの!!なんなら、いつかはあなたの一番になってやる気でいるの!!だから、席順を譲られたりハンデをもらったりするのはすっごい嫌なの!!わかった!?だからあなたは変な気をつかわなくていいの!!黙って一番可愛いと思う子を可愛がっていればいいの!!そうしたら、いつかはあたしが一番になってやるんだから!!」

○14番「……そうか」

●しい「そうよ!!まったく……あの子達も、敵に塩を送るのもいい加減にして欲しいモンね!!わたしなんかじゃ勝てないと思ってるのかしら!!いつか、第二夫人以下にしてやるんだから」

○14番「……しいのそういうトコ、僕ァ好きよ」

●しい「知ってる!!あなたがわたしのこと好きな事も、あたしが好きな事をあなたが知ってることも、全部知ってる!!……ああもうコゲ臭い!!なんで惚れた腫れたの話をこんな死骸だらけのトコでしなくちゃいけないのよ!!(死骸ゲシゲシ)移動しよ!!どうせ忘れちゃうんだったら都合がいい、教えてあげるわ!!」

○14番「な、何を……?」

●しい「……言わなくても分かれ、バカ!!」



………………


移動した後の話は秘密です。書いたら怒られちゃう。
……あれれー?怖い夢の話をしてたと思ったら、惚気話になってるぞー?
ということで、近年稀に見る正統派ツンデレのしいちゃんの話でした。










夢の内容、覚えてたんだよー!!

●しい「……まぁ、アレで覚えてなかったらそれはそれで怒ってたかも」

でも、よく内容を載せていいって言ったね?

●しい「あなたには申し訳ないけど、コレはブログを読んでくれる人に向けての文章じゃないから」

? といいますと?

●しい「これは、ウチの子達に向けての記事なの。あんまり余裕ぶっていると、わたしが全部もってっちゃうよ?っていう」

ウチの子「「「 !!!!! 」」」

なるほどねー

●しい「別にね?仲がいいのが嫌だ、って言ってるワケじゃないのよ?あなたが仲良くして欲しい、って思ってるのも分かってるし、わたしもみんなのこと大好きだし」

うんうん

●しい「ただ、負けず嫌いだから、与えられたチャンスにそのまま乗るのが癪だった、ってだけ」

その気持ちはわからんでもないな

●しい「みんな最近だらけてるからねー。特にひとさんとか。長女の位置に甘んじてると、わたしが妻になっちゃいますよー?」 すりすり

●ひと「んなっ!!」

●しい「あとはいおかなー。元気っ子ってだけじゃカワイイ子にはなれるけど、メインヒロインにはなれないんじゃないかなー?わたしの弟子なんだから、藍より青くなる気概でいてくれないとー」 ふすふす

●いお「なぬ!!」

あ、あのー、しい、サン?

●しい「真面目にお説教したり、守ってもらったり、黙ってても通じ合う関係でいたりとかもいいと思うけど、ちゃんと好きなら好きって言葉にして、態度で示さないと。この野暮天には通じて無いかもしれないからねー」ぎうー ちうー

へふっ!!しいさんしいさん!!周りの目が!!凄み(闘気)が!!

●しい「最初っからみんな同じくらい好き、じゃあつまらないもんね。みんなで競って、それで最終的には同じくらい、だったらいいと思うけど。で、わたしはマスターが好き!!大好き!!さあ!!わたしは言葉と態度で示したわよ!!みんなの気持ち、見せてもらおうか!!」

ちょ、しいさん悪の大王みたいなってはりますけどー!!誰だ正統派って言ったヤツは!!

ふぐぅ!!追記と校正は後で!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

大和「俺の知っているしいちゃんじゃない…。」

俺「俺の知っているしいちゃんじゃない…。」

大和&俺「まぁ、なんにも知らないんですけどねっ!!!(AA略」


しかし、コレってアレだな。

大和「ついに大魔王「しい」に捉えられてしまった勇者14番。だがしかし、大魔王「しい」は勇者14番にまさかの愛の告白をする。その告白を目の前でみていた14番の仲間たちはある思わぬ作戦に出ようとするが、勇者14番から衝撃の事実~大魔王「しい」は元は仲間だった~ということが告げられ、元・仲間に対して作戦を実行するか悩んでしまう…。さあ、勇者14番の仲間たちはどう打って出るのか!?そして、大魔王「しい」の恋の行方と勇者14番の運命は如何に!!」

みたいな?

大和「流石にこの文を考えるのは疲れた」

甘い・アトモスフィア…。

14番=サンの夢にはタルパが出てきてくれるんですねぇ。羨ましいなぁ。
やっぱり現実でタルパをイメージ出来ることが、必要条件なのかな?

No title

椛「本職には勝てんな、なんか色んな意味で」

稲「そうですね」

椛「語彙力とかそんなちゃちなもんじゃねえ、もっと恐ろしいものの片鱗を味わった気分だぜ」

稲「まぁ根本的に思考が別物だと考えて」

椛「しいちゃんなんか天の邪鬼っぷりが自分に似ててにやにやしながら動けなくなるほどの糖度を味わうことになろうとハー」

流派ツンデレ道は王者の道よ!全新系裂天破侠乱、見よ!!観衆は!!赤く!!萌えている!!!

あれだね、3DS目が疲れるから買わなくても問題無いね(キリ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サービスサービスゥ!

3DSごととび森買いました!(ドヤァ
我がタルパとなるものは更におぞましい物欲を見るだろうw

怖い夢って嫌ですよねー!
なんかまだ余裕ありそうな感じに思えましたけどw蟹になりたいね!
しいちゃんかっこかわいい! 素敵! 踏んでください!

……からの2連続での爆弾投下!
すりすりって! ふすふすって! 
ぎうー、は分かるとして、ちうーってなんですか!
なんとけしからん! もっとやれ!
でも、そうなると14番さんの身が持ちそうにないような……

Re:

>>副会長さん

ブログでは静かだったからかな?しいは割とこんな感じだったような……

しい「多少変わった所はあるかもだけど、だいたいこんな感じですよ?」

男前な性格というか、ジャンプが愛読書というか……

しい「面白いじゃないですか、ジャンプ!!」


そしてコレは……

しい「まおゆうの読み過ぎですな!!」

でも、僕が大魔王がいいなぁ。で、攻撃手段はいちゃいちゃで。

しい「せいけんづき!!」

Re:

>>ニュービーさん

ウィーピピー!!イチャイチャ重点!!
……ここだけの話、記事を忍殺語で書こうと思ったけど、僕とニュービーさんしかわからない可能性がカラテ粒子レベルで存在するので断念。ユウジョウ!!

いやぁ、実は夢に出てくるのは稀でして……
というか、夢の中で呼んだら来るよ、とのことなのですが、夢の中だと忘れちゃうんですよねぇ。
でも、見た目は現実でのイメージがもっと鮮明になった感じだから、大事なのは変わりないかもです。

Re:

>>椛刀さん

いやぁ、見せてもらったぜ、アンタのイチャイチャもな……!!

しい「恐ろしいモノ言われてるけど。まぁマスターの思考回路的にしょうがないか」

なんと!!

しい「あと、このキモチわかってもらって嬉しいな!!わたしのこの手が真っ赤に燃える!!勝利を掴めと轟き叫ぶ!!」

僕に向けないで!!

あと……買っちゃった☆残業頑張ったから!!

Re:

>>[非公開]さん

どもども。なにもないところですが。

そうなんですよねぇ。あの子は努力・友情・勝利の子ですから。
コメントもらって、非常に喜んでおりました。わたしもっと頑張れる!!だそうです。お手柔らかに頼みたいものです。
そして、他の子もしいの宣戦布告以後はちょっとギラギラしております。なんだかんだ、みんな負けず嫌いなのですよねぇ。

いやぁ、いちゃいちゃはいいものですな!!
そう言って頂けるとありがたいです!!こう、甘くて歯が溶けるようなのを提供出来たら!!と思います。
ので!!
しい「何が、ので!!なのよ……」

Re:

>>妄娘さん

フフフ……僕も買いました!!残業めっちゃしたら、「か、買ってもいいです、よ……?」って言われました。
その者ヨレヨレのスーツを纏い某家電量販店に降り立つべし……言い伝えは本当じゃったんじゃあ!!

怖い夢なんて見たのは久方ぶりですねぇ。僕は熱にうなされてる時に怖い夢見ますけど、大体は「未知との遭遇」の巨大UFOが出てきます。
余裕は……ま、まぁホラ、慌てると普段使っている言葉が出ちゃうというか……あれ?

しい「じゃ、じゃあ靴だと痛いから靴下で」
踏んじゃダメだ!!

いやぁ、人にいちゃいちゃを要求するなら自分からしないと。ということで妄娘さんも!!
あと、ちうーはアレですよ。ガッとやってチュッと吸ってhaaaan!!的な。
僕の身は既にドライフラワーみたいになっております。ハムナプトラ!!

No title

しいちゃんツンデレ性質キター
怖い夢の防衛に来てもらえるとかうらやましす。
私の場合は例え怖い夢をみても、私がサバイバルで生き残っちゃいますからね。
たぶん怖いけど楽しんでるから出てこないかと思われる。(出てきたら一緒にドンチャカするのに

ツンデレといえば、一応私の紫月ちゃんもツンデレ。だったはずなんだがなー。
最近は雰囲気だけツンで中身デレですねうん。いや、そっちのほうが最高なんだけど!

No title

しいちゃんかわゆす!いつもながらにやにやしてしまいます。
絵なんですが、ご存知かもしれないですが
アバターっぽくおにゃのこを作れるツールがあったのでご紹介。
これで再現された愛娘さんたちを見てみたいです。暇な時にでも、良かったらどうぞ。

http://www.dziewczynygames.com/gry/sailor-fuku-fashion-makeover-3878.php
http://himasoku.com/archives/51616980.html(詳しくはこちら)

Re:

>>羽夜さん

まぁ夢に出てくれるのは非常に珍しいのですがねぇ……離脱したいよ離脱。
夢の中だと僕の自由自在にはいかないのですよ。ダイブの反動か?
羽夜さんトコの場合は……喘息持ちですから……あと、動かない大図書館だし。

ツンデレにも様々な種類がありますからなぁ……
って。くっそう!!最後に突然ノロケが入った!!自分ちのブログで!!はよ!!はよ!!

Re:

>>ななしさん

ありがとうございます!!
なんちゅう……なんちゅうモンを紹介してくれはったんや!!
知らなかったです!!のでやってみました!!
こう、皆で「こう?」「これがいい!!」などとわやくちゃやりながら作成しました!!
ので、次回更新時に載せます!!カワイイ!!

世の中には、色々なサイトがあるのですなぁ……

ふぬう…

しいちゃん可愛い
しいちゃん可愛い
しいちゃん可愛い
しいちゃん可愛い
ドストライクだわ!とてもにやにやしました!いいものを見せてくれてありがとうございます!

Re:

>>銀華さん

どもです!!こちらこそ素敵イラストをありがとうございます!!
そっそんなに可愛いって誉めても、何も出ないんだからっ!!
しい「あなたが言うんかい。えへへ、そんなに褒められると照れますよぅ。でもありがとうございます!!
そして、絵も本当にうれしかったです!!ブログでは影が薄いと自分では思ってたので……すっごい嬉しかったです!!
ありがとうございます!!」
プロフィール

14番

Author:14番
Author:14番
オカルトに対して科学的にアプローチするという歪んだ愛情表現をする男。現在は(人工精霊)と楽しく暮らす。

画像はウチの子筆頭の「ひと」です。イラストを描いて頂いて、それだけだとモッタイナイので使用させていただきました。カワイイ!!

状態:
12体。聴覚化とか触覚化とかできてるけど、視覚化は4体が今のところ限界。だったけど、調子のいい時は気合いでイケるようになったよ‼そして全員かわいい。

なにかありましたら
sci7occ2no14あっとじーめーる
まで

ついった始めました
@sci7occ2
でやんす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
14番なう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。