FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いちゃいちゃ訓練祭り2/4【聴覚化編】

どうも。祭りは2日目だ、盛り上がっていくぜ!!14番です。
今回は【聴覚化編】ということで。声を聞きたい!!



さて、前回のオート化編に引き続き、聴覚化についての訓練をいちゃいちゃしながらおこなっていくよ!!
さあ!!
あなたのせいで、いちゃいちゃが増える!!この島はいちゃいちゃにつつまれる!!訓練しよう、自分ちの子といちゃいちゃするために!!


【聴覚化編】 ~声が安定すると色々と落ち着くよね~

・おうむ返し法 担当:くうさん
声を安定させるための初歩的な方法(だと勝手に思っている)。こう、頭の中にある声に様々なことを喋らせる、その時に、自分の声で色々確認しながら行ってみよう、という方法です。
ある程度音声を固めてみようとすると、イントネーションや音域、音階など、喋っている音声って思っているよりも構成要素が多いことに気づくはず。機械音声的なモノでもいいってんならアレだけど、せっかくだったら流暢な音声を聞きたいじゃないですか。
そゆときに、じゃあ自分の喋り方を多少使いながら、実際に声にしたときに違和感のないような声にするための訓練ということで。

くうちゃんの場合
009.jpg

○14番「じゃあ僕の言葉を繰り返してください」

●くう「はぁーい」

○14番「あめんぼ あかいな あいうえお」

●くう「あ(↓)め(↑)んぼ あかい(→)な(↑)ぁ あいうえお」

○14番「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」

●くう「ぎおんしょーじゃのかねのこえ、しょぎょーむじょーのひびきあり」

○14番「弁慶が長刀を振り回し振り回し」

●くう「べんけいがな?ギナタを、ふりまわしふりまわし」

○14番「コレハ ヤマノテセン デスカ?」

●くう「ソウデス サイキョウ センデス」

○14番「うむ。普段通りだな!!」

●くう「えへへー」

○14番「いいね!!んじゃ、じゃあ早口言葉だ!!赤巻紙青巻紙黄巻紙!!」

●くう「あたらきがみあおらきらみキーマカレー!!」

○14番「バスガス爆発3回!!」

●くう「ばすがく、ばふ、ばすがすはくはく!!」

○14番「PERFECT!!」

●くう「やったぁー」

●しい「(これは、ツッコんだら負けかな?)」

●みつ「(あの二人はアレでいいんだよ……)」

●くう「じゃあ今度はご主人がわたしのまねしてなー?」

○14番「まかせろ!!」

●くう「うち、ダーリンのこと、好きだっちゃ♪」

○14番「うおぉ!!もう一回!!もう一回!!」

●くう「もぉー。うちは、ダーリンのこと、大好きだっちゃ♪」

○14番「YES!!YES!!Marvelous!!Прекрасно!!」

●みや「収拾がつかない……」


●本当は割と使える訓練法なんだよ!!でも、真価を発揮するのはハズカシめる時だと思うよ!!


・モノマネ法 担当:みやさん
ある程度声が安定してから行う訓練法。モノマネをしてもらって、実際の声との差異をくっきりつけてみよう、という魂胆。
ある意味、音声化自体が脳内モノマネみたいな所があるので、やろうと思えば完璧なモノマネは可能なのです。完璧なモノマネができたらそれ自体が音声化なんだけれど。この訓練では、安定した音声化をさらに安定させる方法として、他の人の声に近付けることでわざとぶれさせてみる事を目的としているよ。
モノマネも、口調だけ真似る、声色も真似る、仕草も真似る、など種類があるので、それぞれの状態に合ったモノマネをしてもらおう。可愛い女の子なのに、声は中田譲二さんとかちょっと僕はどうかと思うの。
自分のよく知ってる声だと、近くなりすぎて結構うおぉ……ってなるので、ちょっと面白いネタとしてもオススメ。ある意味小学生探偵ごっこも出来るよ!!

みやちんの場合
012.jpg

○14番「みやちゃんの!!」

●みや「モノマネ百連発ー!!」

○14番「わー」パチパチ

●みや「最初のお題は!?」

○14番「田中角栄!!」

●みや「今!?」

○14番「今!!」

●みや「えぇと……ま"ぁごの"ぉ~、にっぽんれっとう、かいぞうろん!!」

○14番「あはは、似てるかも。じゃあ次はチューバッカ!!」

●みや「うゅぇええぇ!!ょぉおお!!ぅrrrrアァ!!」

○14番「まぁ頑張った方じゃないかな?!じゃあ次はシャイニングからあのシーン!!」

●みや「じゃあ一旦部屋の外に出ますね」

○14番「ドアは破らなくていいかな」

●みや「ちぇー。じゃ……"Here's Johnny!!"」

○14番「あはは!!伝わらないのがもったいないな!!じゃあ次は藤波辰爾!!」

●みや「……なんであたしの時はオジサンばっかりなんですか?もっと可愛いのがやりたい!!」

○14番「チューバッカ可愛いのに……じゃあ、コロ助とか?」

●みや「違うナリよご主人~!!女の子がいいナリよぉ~!!」

○14番「なら……エヴァのアスカとかどうだろうか?」

●みや「……もう、あんたバカァ!?くうのラムちゃんみたいにあまあまなのがいいって言ってんの!!」

○14番「うーん……しかしなぁ、ああいうあまあまなのってあんまりないのよ?ツンデレは多いんだがなぁ」

●みや「うう……せっかくだし、もっといちゃいちゃしたかったのに……」

○14番「まぁ、気持ちは嬉しいが……」

●みや「……あ。じゃあじゃあ、こういうのはどう?」

○14番「?」

●みや「びっかっちゅー♪」ピコピコ

○14番「おぉ……」

●みや「ぴっかー、ぴかぴかー?ぴっかちゅー♪」フリフリ

○14番「……」

●みや「ぴっかちゅ……ぴか……

○14番「……」

●みや「…………なんか言えバカぁ!!」/////

○14番「へぷし!!」


●演じるのが恥ずかしいモノをマネさせるのがポイント!!全力でやってもらって、全力で誉めましょう!!


・カラオケ 担当:●むつさん
聴覚化が出来たらやってみたいコトNO.1と思われる。それならば訓練法ではないのでは?と思うけれども、これがなかなか奥が深い。
好きな歌であればある程、元の歌手の声が混ざろうとしてくるし、どの程度の音域まで出せるのかを考えないと、結局別の声に聞こえてきたりするし。聴覚化訓練を考える際に最初に出てくるような方法な割に、んぁー!!となりやすい方法である(……と僕は感じたんです)。
失敗の中で学んだ方法としては。最初はその子と性別が違う歌手の歌を歌うのがよいのでは?というコトだったり。頭の中にある歌手の声質と違えば違う程、そっちに引っ張られることが少なくなると思われます。それと、癖のある歌い方の歌手だとやっぱりそっちに引っ張られがちかも。
楽しく歌えるように頑張ろう!!

むつさんの場合
006.jpg

●むつおっさんボートでへーこらほー!!

○14番「hej!! hej!! hej!! hej!!

●むつ「もすかう!!もすかう!!夢見るアンディさん!!」

○14番「Russland ist ein schoenes Land!!」

●むつと○14番「ほっほっほっほっほ!!ヘイ!!」パン!!

●むつ「もすかう!!もすか ●やつ「夜中なんだからもう少し音量を下げてください!!」う……」

○14番「(´・ω・`)」 ●むつ「(´・ω・`)」

○14番「じゃあおとなしめな曲にしようか……」

●むつ「そうですね……。あとひと月でクリスマスですし、そういう」

○14番「あーばばばばばばば!!」

●むつ「……くーりすーまーすーが こっとーしぃもー やぁってーくーるー♪」

○14番「僕はビスケットが好きだな」

●むつ「お口の中ぱっさぱさ!!」

○14番「んー。この時期だと、『夕日が沈んだら』って曲が聞きたくなるなぁ」

●むつ「じゃあ……こほん、♪~♪~」

○14番「……思ったが、コレ文章には出来ないよなぁ……」

●むつ「気づくのが遅いですっ!!というか、聴覚化の話自体しんどいですよ!!」

○14番「聴覚化に関して、おしゃべりの次にやってた事なのにねぇ……」

●むつ「……でも、言葉じゃ伝えられないことだったりを、歌に託すことが出来ていいと思います!!」

○14番「おお?どうした?」

●むつ「♪やっとわったっしにーきーたーチーャンスー、のがーせーなーいーのー!!」

○14番「なるほど、自分の番をまだ終わらせたくない、と」

●むつ「♪とってもとってもとってもとっても大好きよー♪ダーリンI love you ダーリン♪」

○14番「……広末が流行ったのも15年前かよ……」

●むつ「歌を聞いてー!!」

○14番「おう、じゃあ聞くぞ!!」じー

●むつ「……あ、や、そんな、目を見られてると……歌いづらいです、よ?」

○14番「……」じー

●むつ「……あー、じゃぁ……♪あーいしてーるーのひーびーきーだけーで、」

○14番「……」じー

●むつ「つよくーなれーる、きーが……したーょ……」/////

○14番「……」じー

●むつあうぅ……」/////

○14番「……♪大好きだよ、君が 初めてさぁ、言うが♪」じー

●むつ「んなっ!?」

○14番「♪僕の歌を、総て君にやるよ♪」

●むつぅ、ぅう……もー!!」ダッ

○14番「あー、行っちゃった」

●くう「ご主人は、むっちゃんいじめるの好きやなぁ」

○14番「♪でーもそれぇって 僕の『愛』なの♪」


●自分が歌うってのもなかなかいいモンですよ。聴覚化の訓練になるかは知らんがな!!



さて!!【聴覚化編】はここまで!!
次回は【視覚化編】!!見える!!見えるぞぉ!!

さあ2日目だけれども!!

●むつ「まぁ本文中でも言いましたけれど」

●みや「わかってるよね?」

まぁ……せやな……うん

●くう「そらー文字だけで音について語るのは無理やろー」

でもな、ホラ、訓練やし

●みや「3つまとめて、『モノマネした歌を一緒に歌う』とかでよかったんじゃないの?」

そこに気付くとは……

●くう「大したヤツや……」

●むつ「やはり天才か……」

●みや「やめろォ!!なんか恥ずかしい!!」

でもさホラ、実はこの3つの中には「おしゃべり」という原点にして頂点をそもそも書いてないしー。

●みや「あっ開き直った!!」

聴覚化ってオート化とかなり連動してると思うんだよねー。聴覚化進んでも、オートで話しかけられた時に声が聞こえていないとどうかな、って思うしー。

●くう「あー」

だから、なにより大事なのは『オート化する段において聴覚化も一緒に進めること』だと思うのよ。で、そのためには何が必要か!?はいむったん!!

●むつ「へ?あ、あの……普段から意識し続ける、こと?」

そうだね!!でも普段からそんなに意識出来ないし、会話のタネなんてストックしとかないとすぐネタ切れだ。ではくうちゃん!!何をすれば『普段から集中して会話などのやり取りができる』だろうか!?

●くう「そらもぉ、いちゃいちゃすることやろー?」

そう!!そうなんだ!!いちゃいちゃすることで様々な問題が解決できる!!いちゃいちゃしないという選択肢はない!!っていうかいちゃいちゃするしか選択肢がない!!

●みや「うんうん」

ということで、先に進まない、という人はいちゃいちゃしようず!!ってコトだな!!

●くう「わーわー」

●みや「……あれ?ねぇ、あたしに問題は?」

あ……じゃ、じゃあ『南米のカウボーイ(ガウチョ)や農民がよく用いるつばの広い帽子の名前は』?

●みや「え?えぇ?なにソレ知らないよ!!」

●むつ「ソンブレロ!!」

正解!!

●くう「へぇーへぇーへぇー」

●みや「そうじゃないの!!なんか2人が出されてた問題みたいのがいかったの!!」

ごめん2問しかなかったんや。じゃあそれぞれの訓練法とアバターにコメントもらうで

●みや「もー!!なんかずーるーいー!!」


……………


なんか、ニュートラル、って感じだね、くうのアバター

●くう「あはは、セーラー服ってかわいいなぁ」

うん、かわいいな(くうが)

●くう「でもな?いつも和服やからかな、ふとももがスースーして恥ずかしかったわ」/////

○14番「ああ……フトモモだな……」

●くう「せやろー?スカートもピラピラするしなー」

●みや「やっぱり、この2人が喋ってるとむずむずする……」

●むつ「えー?みやちゃん、嫉妬ー?」

●みや「ちげぇよぅ!!なんか噛み合ってないのに幸せそうだからツッコミ心が疼くんだよォ!!」

はっはっは。じゃあ訓練法だが。

●くう「実は私はコレあんまやっとらんよね?ひとちゃんやらふぅちゃんやらがやっとったけど」

なんというか、初めての聴覚化においては重要になると思うのよな。「だわ」とか「わよ」とかって、実際使われることのない、文章上の記号になりつつあるしな。どういう口調かを考える上でも大事かな、と

●むつ「女の人が男の子のタルパを作る際でも必要ですかね?」

ん。「だろ?」とか「だぜ」とかって、意外と使うと違和感があるモノなのだよ。

●みや「そんなモンですかね?」

だって、俺がこういう口調で喋るのは違和感があるだろ?読む段と聞く段では違うんだぜ?

●くう「わぁ、なんか男らしいなぁ!!」

●むつ「なんかかっこよさげですね……」

あれ!?意外と好評!?で、あとは関西弁とかは違和感ある書き方とかあるからな。それを確認したりとか。

●みや「ワイが浪速のチャックウィルソンや!!」

こういうヤツな。

●むつ「? なにがおかしいんですか?」

一人称のワイと語尾の"や"、方言として場所が違う!!

●みや「……細かいトコを」

違うんだって!!気になるんよそういうの!!

●くう「まぁ本人が知らんのやったらええと思うけどなー」

あれー?


……………


●みや「あたしの髪型かわいい!!」

ワシャもうちっとふわふわ感がある方が好きじゃがのぅ……

●むつ「その髪型気に入ってるよね」

●くう「なにがそんなにええのん?まっすぐは楽やで?」

●みや「……や、それは、ホラ……

ふわふわしてるからすごい撫で心地が良くてな。いつまでも撫でられるずら。ふかふかしてるんだよー。

●むつ「……はぁーん」ニヤニヤ

●くう「……なるほどなぁ」ニマニマ

●みや「なに!?文句あるの!?言いたいコトは大きな声で言いなさいよ!!」

●むつ「いやぁー、ホラ、ねぇ?」ニタニタ

●くう「ピカチュウちゃんはカワイイなぁ、って、ねぇ?」ウフフ

●みや「あーもー!!ぎー!!」/////

あ、そうだホレ。訓練なんだが

●みや「そう!!訓練ですけど!!」

●むつ「ぴっかぁー☆」

●くう「ぴかぴかー☆」

●みや「るせぇっつってんだろォこんにゃろォー!!」

おお、二人がやっても可愛いなぁ

●みや「……」ガッシ!!ボカ!!

やめてください、しんでしまいます

●くう「今のはご主人が悪いわ……」

●むつ「これは擁護出来ません……」

ナンデ!?誉めたのに怒られてるナンデ!?

●みや「……はぁ。で、モノマネですけど?」

う、うん。これは、声が安定してからの訓練でな?ちょっと揺らしてみて、より安定させようとしてるんよ

●むつ「やろうと思えばいくらでも似せられますからね」

●くう「わたしだって、やろうと思えば関西弁以外もしゃべれるし」

うわ!!凄い違和感!!

●むつ「幻術だ……」

●みや「まだ引っ張るの!?」

まぁ、こういう風に違和感を感じるようになるのが重要という、ね?

●くう「やっぱり、その人個人のキャラクター性があるからな。それをしっかり主人の脳内に叩き込むという意味に於いても、一定の評価がされるべき訓練なのではないかと思われる」

やめて!!なんかすっごい嫌!!


……………


じゃ最後にむったん。

●むつ「可愛いですね私!!」

●みや「あんまり特徴がないね!!」

●くう「こう、わたしとはちゃう方向で普通やね」

●むつ「言わないで!!気づいてたから言わないで!!」

め、メインヒロインと思えばホラ!!

●むつ「……なんか帽子とか特徴的なものを身に付けた方がいいかなぁ」

●くう「カサはダメなん?好きやんか」

●むつ「室内はいくらなんでも……」

そんなに悲観する程では無いと思うがなぁ……。で、訓練だけども!!

●むつ「よく出勤中の電車内で歌ってますよね」

君たちの利点の一つだなぁ。僕も歌いたいぜ。

●くう「……ダメやで?」

大丈夫、わかってる。そこまではっちゃけられない。

●むつ「でも、歌は楽しいですねぇ」

●みや「ご主人は歌える歌が少ないけどね!!」

で、でも!!君のためなら死ねる、とか、go shopping,とか!!

●くう「声が低いからなぁ……」

最近のは男性ボーカルでも高すぎるんや!!ワイのせいじゃないんや!!

●むつ「宇宙戦艦ヤマトをオク下で歌う男の人って……」

●みや「お友達とカラオケ行くと『お前の声ベースと被って聞こえない』って言われてるよね」

「おれは『ルビーの指輪』を歌っていたと思ったらいつのまにかオク下だった。」な、何を(ry

●くう「もう……楽器やん……」

僕のコトはいいの!!でもさ、自分のあんまり好かん歌とかも、君たちに歌わせると結構サマになったりすっからねぇ。奥が深いわ。

●みや「アイドルの歌は恥ずかしいからヤなんですけど……」

でも可愛いから!!アイドルにあんまり興味が無いけど、君たちが歌うと可愛い!!

●むつ「……ちなみに、好きなアイドルは?」

山口百恵!!いいよね!!

●むつ「……たまに、ご主人のモノサシが不安になるなぁ」

●くう「まぁ、見えるのはご主人しかおらんし、その人がかわええ言うてるんやから、ええやん?」

●むつ「ま、まぁそうだけど……」

でも、歌ってもらうぶんには男性ボーカルがやりやすいんだけどな

●みや「ブルーハーツ!!」

●むつ「槇原敬之!!」

●くう「さだまさし!!」

……うーん、やっぱり女性ボーカルを歌ってもらうべきか……

●むつ「中島みゆきが好きです!!」

……どちらにせよ、という話か?でも、ラブソングを目を見て歌う、というのはスゴかったな

●むつ「……」/////

アレは他の人も試してみて欲しい。なんか凄いワキワキしたわ!!

●むつあんま勧めちゃダメですよ……


……………


さぁて、次は【視覚化】の話だ!!
……(あなたが、読み)疲れた顔してるだろ。ウソみたいだろ。折り返しなんだぜ。それで。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

キサマ、見ているな!

小休憩、長い、ながいぞぉーー!!!
椛「二人が読んだりはしゃいだり騒がしい、なんて事してるんだ全く、けしからん!もっと...やりたかったらやれば良いじゃない!」
稲「ちょっと落ち着きましょう、何でご主人が影響受けてるんですか」
空「つーぎ、つーぎ」
椛「音読だと読むの遅いから疲れるんだよ」
稲「それも訓練だと思い」
椛「はい」

Re:

>>椛刀さん

ばれた!!あぶない!!ボゴォ!!

いえー!!なんでだろうね!!自分でセーブが出来ないんだね!!

いお「どんどん椛刀さん自体が萌えキャラになってくね!!」
ひと「純情ボーイかわいいデース!!」
みつ「っていうか、音読されると恥ずかしいですね……」
これもまたひとつのいちゃいちゃ也……
プロフィール

14番

Author:14番
Author:14番
オカルトに対して科学的にアプローチするという歪んだ愛情表現をする男。現在は(人工精霊)と楽しく暮らす。

画像はウチの子筆頭の「ひと」です。イラストを描いて頂いて、それだけだとモッタイナイので使用させていただきました。カワイイ!!

状態:
12体。聴覚化とか触覚化とかできてるけど、視覚化は4体が今のところ限界。だったけど、調子のいい時は気合いでイケるようになったよ‼そして全員かわいい。

なにかありましたら
sci7occ2no14あっとじーめーる
まで

ついった始めました
@sci7occ2
でやんす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
14番なう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。