FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アブドル ダムラル オムニス ノムニス ベルエス ホリマク!!


どうも。近場のヒトビトが次々とインフルで倒れ伏す中、帰り道にアイス食べてる、14番です。
結局は手洗いうがいなのですよ。セッケンつけて1分しっかり洗う!!うがいも1分!!それで大抵大丈夫。



さぁて、今回は魔術の話でもしよっかなー、なんて。
僕が少しでも分かるのは近代西洋儀式魔術だけなんですけどねー。東洋的なのだったり、マイナー処はわからなかったりです。体系的になってて、割とオープンソースなのが分かりやすいですしー。
色んな技法があるし、やってみて面白いモノも多いし。

※本文を書き終わってからの追記------------

当ブログでは、『どんなコトでも疑ってかかる』ことを推奨しています!!僕もいつもそうです!!
『実際に自分が体験した』というコトも疑ってかかることは、現在重要になっています!!

もしも、『実際にやってみて』で勧誘してくる宗教団体とかがいた場合、すぐに逃げてください!!
『実際に体験することで説得力を増す』というのは、そういった団体の常套手段です!!
以下に書くような方法は、『実際にキチンとやったら実際に効果を感じるような方法』が多く含まれてます!!
なので、『やってみたら実際に効果があったでしょ!?だから、ウチはホントに○○なんだよ!!』
というような団体さんの言ってるコトは信用しちゃダメです!!
もちろん、ホントはいい人達なのかもしれません。でも、悪い人達かもしれません!!
以下に挙げるような方法を推奨する人達、もしくは、実体験から勧誘する団体からは、基本的には『走って逃げて』ください!!
皆さんが、ウチのブログのモットーである、『ホントかよ!?』を実践されることを、そして、危険なコトがないことを祈っております。
もちろん、当ブログに書いてあることも『全部疑ってかかって』くださいね。

-----------------------------

もしこの注意書きが言っている意味が分からないようなら、【追記】から読み始めてもいいかもしれません。
ほんとに、ほんっとーに気をつけてくださいね!!


というとこで。
今回は、どこの魔術結社にも属していない自分が、割と知られている魔術的な技法について、しかも割とかがく目線で考えて行こう、という試みとなっております。
なので、本格的に魔術を志している方や、魔術などのオカルトに嫌悪感を覚える方にはオモシロく無い記事となっている可能性があります。
なので、ヤな予感がしたら急いでブラウザバック推奨です。そして、グーグルで『筑前煮 おいしい』などと検索されると、食卓が賑やかになるのではないかと思います。

そして、僕の立ち位置としては、「こういうのが魔術的な技法としてあるけど、まー僕みたいな貧弱一般人が取り入れるとしたらこういう感じになるかなー」くらいなモンです。なので、まぁイロイロと多めに見てくださいね。
感じとしては「ねぇねぇこんなの僕知ってるぜ!!やってみたら色々面白かったから、もしよかったらやってみてよ!!あ、僕の知らんことがあったら教えて!!やってみたいな!!」という感じです。僕もそんなに詳しい事なんてわからないしー。
魔術がやりたいわけじゃなくって、魔術的な技法ってのが割と面白そうだからやってみてるだけだしー。
…………ハァハァ、これだけ逃げの布石を打っておけば、もしなんか口煩い人が来てもでぇじょうぶだろー……


で、ですが。
魔術について、というと非常に広いのですよ。なので今回、名前をつけるとしたら

『まじゅつのきほんで、じぶんちの子ともーっとなかよし☆』

ってな感じで行きたいと思います。


そいで。
魔術の基礎訓練としては
1;弛緩
2:呼吸法
3:視覚化
4:瞑想
ってのが挙げられることが多いのです。
この中で、弛緩については……まー、でーろりん、とすれば出来るようなモンですし、僕の前の記事とかでもちょろっと書いてたりしますし、視覚化については言わずもがな、自分ちの子とのいちゃいちゃを目指す我々が常日頃から励んでいることであります。自分も沢山記事書いてるし。


ってなワケで。
今回取り上げるのは、瞑想と呼吸法、それとちょっと重めのモンということで、

・逆向き瞑想
・四拍呼吸
・アストラル体投射

を考えてみようかな、なんて。
……って、見てみたらwikipediaの魔術の項目にあるそのままだったのはナイショ。
それくらいメジャーな方法なのだ、ということでありんす。
というか、多分魔術でぐぐった昔の僕が覚えた順、ってコトなんだろうなぁ。




1:逆向き瞑想
『夜寝る前に、起こった物事の順序を逆に考える』というモノです。HPが回復したりはしないですよ?
古今東西、瞑想ってぇのはずっと行われているもので、やり方には色々種類があるのですが、その中でもちょっと面白い一つってコトで。もちろん、一つのお題について集中する『能動的』なのとか、ぼんやり頭に浮かんだモノに集中する『受動的』なのとか。
で、この『逆向き瞑想』っていうのは、起こった事を順繰りに思い出すのではなく、例えば「晩御飯食べた。その前にお風呂はいった。その時最後に体洗って、その前に頭洗って……」のように。おやすみからおはようまでを考えてみるわけですね。

んで、どの瞑想にも言える事なのだけども、瞑想ってのは「したからスゲェ」ってモンじゃなくって、その瞑想によって「ナニを考えたか」ってコトに重点を置くべきだと思うのですよ。過程より結果……いや、結果だけではなくて、『過程も含めた結果』を重要視するべきなのですけれど。
つまり、
『能動的瞑想』では『Aというスタートがどういったプロセスを辿りどう変容したか』
『受動的瞑想』では『Bというリザルトへはどういったルートを辿ったか、そしてなぜBに達したか』
ってなコトを考える事が……えーと、楽しいと思うのですよね。

じゃ、『逆向き瞑想』ってのはナニを目的としているのか、という話なのですが、それは『自分が因果に沿った行動をしているのか。自らが選択した行動は、自らが意識的に行っている行動なのか』ってなコトを考えることになります。
たまに、疲れた帰り道とかに「いつのまにか家についてたわ」ってコト、ありません?僕は割とあるのですけれど。そういった、『なんも考えてない時間』があったなー、もっとちゃんとしなきゃなー、って考えるのが逆向き瞑想なのです。
自分の行動が論理的なモノ、もしくは自らの信念に沿ったモノにきちんとなっているかどうか、ということを考える。それにより、自分も知らない自分の無意識に気付くことの一助になるのかなー、とか思います。

これを「ウチの子といっしょ」方式に当てはめると。
「こんな時に話したな」「こんな時に意識外にいっちゃってたな」ってトコを考える、というのが出来るんじゃねぇかな、とか思います。そこから、「こういう時にこうなってんな」っていうのを考える事で、一緒にいる時間を増やしたり密度を高めたりできるんじゃないかな、と。
……もしくは、瞑想って形を取らないで、自分ちの子と「今日あんなコトあったねー」などと話し合うのとか楽しそうですね。ま、瞑想ってトコからは離れちゃいますけど、なんつーか、いちゃいちゃとしては楽しいかも。「あの時喋りたかったんですよー?」とか言われることによって成長にも繋がりそうだし。

注意点として、まぁコレは全てにおいて言える事だし、当たり前だから言わずもがななのですが、
「疲れたり、なんかヤになったらやめる」
ということを頭に置いといてくださいねー。どーせ、魔術の真髄を究めたい!!とかそんな大層な目標じゃねぇんです。無理する必要なんてねぇですからね。あ、ホントに究めたい人はウチじゃなくてもっとちゃんとしたトコに弟子入りとかしてくださいね。
五芒星をがーっとやったりする派もあったりするのですけれど、まぁソレはウチの本分じゃねぇってことで。



2:四拍呼吸
これは『4つ数える間息を吸い、4つ数える間息を止め、4つ数える間息を吐き、4つ数える間息を止め、を繰り返す』というモノです。
別に『4つ』が一秒である必要はなく、自分に都合のいいカウントを行えばいいのではないかな、と思います。ナノ秒とか600秒とかだと危険だと思うからやめた方がいいとは思いますけど。僕の場合、自分の心拍と同期させると具合がよかったりします。
もしくは、先のを「4-4-4-4」とするならば、「4-2-4-2」という方法もよく知られています。前者がG.D.団ので、後者がバトラーの、というのは要らない情報かな。

ンで、コレは一体何がしたいのかってぇと、呼吸っていう普段無意識に行っているモノを意識的にすることで、集中したりリラックスしたり、ということを狙っているのだと思われます。インドのヨーガとかも呼吸を大事にしているし、「息をする」ということを意識する、というソレ自体が意味のあるコトなんじゃねぇかな、と思います。
また、精神統一するにあたって、3階まで階段を駆け上がったみたいな状態では出来ない、というのもあるのかな、と。それに加えて、ある一定のルーティンに沿った行動をすることで、自らの『やる気スイッチ』を押すような部分もあるのかなーと思います。落ち着くための行動の一つとしての呼吸法ってワケっすね。

つまりは、別に四拍で呼吸をする必要性は特には無いわけです。元ネタのトコだと「4」に数秘学的な意味だったり4元素だったりを見出していたりします。なので、別にしたければ5つだろうが7つだろうが別に構わないわけです。
ただ、これは僕が近代西洋儀式魔術を考える上で意識してるコトなのですけれど、「『そういう風になってる』コトにはそれなりの理由があったりするのでは?」というコトです。
ま、別にしたからと言って、またはちょっと失敗したからと言って、そんなすぐにネガティブな何かが起こるというモノでもないですし、試しにやってみたらいいんじゃないのかなー、と思います。もしアレなら、逆向き瞑想と一緒にやってみてもいいんじゃないかな?

で、「ウチの子といっしょ」方式だと……どうだろ?
僕の場合だと、カウントをウチの子にしてもらう、とかそれくらいだなぁ。「すってー、とめてー、はいてー、とめてー」とか「いち、に、さん、し」とか周りで言ってもらう感じで。
でも、思えばやっている間、聞こえてくる声がクリアになっていったりしている感じはあるかも。ま、それは集中力が高まっているのだろうけれど。それが呼吸法のキモかも知れないし。

つまるところ、「息するコトってあんまり意識してないけど、きちんと意識してやってみるのとかどう?」というコトで。
多分、東洋的なのだったり武術的なのだったりだともっと色々あるんだろうなぁ。詳しい人オナシャス!!
あ、あと。最後になっちゃったけど、呼吸は腹式呼吸が良いと思います。また、ハナから吸ってクチから吐く、というのがいいのではないかな?腹式呼吸が分からない場合は、息してる時に「肩が上がってるか否か」「お腹が出ているか否か」を見ると良いと思います。肩が上がらず、お腹が出たり引っ込んだりしてたら腹式呼吸。実は女性には難しくて、無意識に胸式呼吸になってる場合が多いらしいです。一度確認されてはどうでしょか。



3:アストラル体投射
一見なんじゃらホイ?と思うようなこの方法。『意識(アストラル体)を肉体から分離させ、精神世界を旅する方法』というコトらしいです。精神世界を旅する中で、色んなモノに触れるのだそうです。
より詳しい方法としては、
『仰向けに寝転んで、向き合ってる自分の体をイメージ。その体に自らの意識を移動させて、世界を探索する』
『仰向けに寝転んで、ドアをイメージ。その意識の中で自らをイメージして、その扉の中の世界を探索する』
という2つが考えられるようです。

で、コレを調べている間に必ず「幽体離脱」の話題が絶対出てきます。まぁそうですよねぇ、『意識体の自分が精神世界を旅する』というコトであれば、幽体離脱に近いんじゃねぇの?と思いますわな。やっぱりというかなんというか、色々な文献の中には、幽体離脱と一緒とするモノもたくさんあります。また、案内人がいる、とする場合もあります。

しかし、幽体離脱とは違う、とする場合もありまして。その理由として「アストラル体投射は意識的に行うけど、幽体離脱は思った時に出来るもんじゃない場合もある」「幽体離脱は受動的だけど、アストラル体投射は能動的に行うものだ」といったのが挙げられるそうです。
だけど、離脱先を名倉と呼ぶリダンツァーの方々は、「意識的に」離脱に入り「能動的に」離脱先で楽しんでますよね?なので、一概にコレが大きい違いになるとは言いづらいかな、と思います。

また、「パスワーキング」という技法もあります。
これは、『ある設定・物語に沿って精神世界を旅する』という技法です。カバラの樹からだったり、タロットだったり、タットワだったりを使う方法があるそうです。
しかし、落ち着いて考えてみると。『ある設定・物語に沿って精神世界を旅する』というコレ、言い方を変えれば『ダイブ』ですよね?『自分の想像上の世界に自らを落としこんで旅をする』というのは、まさしくダイブなのではないでしょか。

自分としては、幽体離脱やダイブに、少なくとも「近いモノ」であるという感じがします。
意識の中を探ったり、無意識の世界を観察したり、というのは、やっぱり魅力的なモノなのですねぇ。
んで、そういった「よう分からんモン」を考えるに当たって、自分ひとりで考えるよりかは、ある程度体系化された他の人の積み上げたモノを利用した方が分かりやすいと思うのですよ。例えばまとめwikiとか。巨人の方から見える世界の方が遠くまで見通せるのです。
なので、自分のダイブ技法などはアストラル体投射やパスワーキングの技法を(取り入れられるモノは)取り入れております。ぶっちゃけアストラル体がどうこう、という話はあんまり真剣に聞いておりません。けど、そういったのを濾し取ると、割と「使える」技法があったりします。

んで、「ウチの子といっしょ」方式ですが、これは言わずもがな。
視覚化が一つの必要条件となってるタルパ・人工精霊制作において、むしろ自分を投影するよりも自分ちの子を投影する方が楽なはず!!
アストラル界だろうが幽体離脱先だろうがパスワーキングだろうがダイブ先だろうが、自分ちの子と一緒ならばそこは極楽ですよね!!いっしょなら、どこだって行けるさ!!

ということで、アストラル体投射については、少なくとも「似たコトは出来る」というコトなんじゃないのか?と個人的には思います。
色々な言い方は有れど、一番一般的に通っている言い方をすれば「白昼夢」なのです。で、あるならば。自分に一番合った方法を、または色々な方法から自分に合ったトコだけを取捨選択して、自分ちの子と一番いちゃいちゃ出来る方法を探せばいいんじゃないかな?と思います。


……ふぅ、やっと3つ終わったかー。



魔術っていうのは、『大きいモノを落とし込んで影響を得る』というコトがキモなのかな、と思っています。
例えば、分かりやすいのだと「勝負を司る火星の力が得られる赤いなんちゃらを持って勝負強く!!」とか、「大天使なんちゃらのシンボルを書きこむことで大天使様のパワーを得る!!」とか。でかいパワーのモノから力を引き出す、って感じかな。パワーストーンとかもそうですよね。まぁ、魔術についてはそれも「真理への到達」という目標があってのことですが、「日常をより良く」と言う風に考えている人が多いのもまた事実。

んで。それって結局は『○○には××っていうのがある!!』という、まぁ一つの「信じる力」があるわけです。その対象としては、カミサマだったり大天使様だったり、惑星パワーだったり信じるお師匠さんだったりするわけで。
ってなると、やっぱりそういう「信じる力」があった方が、心がメインであるタルパ制作だったりには力が出るのかな、なんて思ったりするわけです。

しかし、僕はそれ程信心深くない日本人。天使様の力を感じたことは無いし、天体パワーは太陽の恵みを日向ぼっこする時くらいしか感じません。また、占いもあんま信じちゃおらんし、霊を感じたコトもありません。
で、あるならば。何を信じて、何を心の拠り所とすればよいのでしょうか?


そらもう、ウチの子の可愛さですよね!!


……あ、あとは科学的・批判的な視点かな。自分が感じたコトならば信じやすい、というのもあるし。





結局は、僕にとって魔術ってぇのは「一つの方法」なのです。ウチの子ともっと仲良くなるための。
なのでまぁ、取り入れられるモノは取り入れて、関係無さ気なモノは濾し取って。上手においしいトコ取りができたらいいなー、なんて考えております。
その過程で、なんか役立ちそうなモノがあったり面白そうなモノがあったらお伝えしますねー、って感じで。

あ!!なので、僕の知らない何か面白そうなモノがあったら教えてくださいね!!基本色々手を出してみたいので!!
特に、東洋だったり武術だったりの人!!他にも、色んな知識を皆さんお持ちのはず!!

さぁ!!ウチの子と僕のいちゃいちゃの礎となれるチャンスです!!色々教えてくれてもいいのよ!!




【追記】







……なっげー!!

●なな「また『14番のトコの記事は長い!!』って言われちゃいますね」

●しい「前半の言い訳のトコだけで、他の人のブログの記事くらいない?コレ……」

あっはっは。だって、なんか神経質なヒトが怒ったらヤじゃーん。こんなテキトーなブログなのにさー。

●やつ「そんな危なさそうな所を触るからじゃないんですか?」

ま、でもホラ、こーんな辺境のブログの一記事に目くじら立てる程、ケツの穴が小さい人々じゃねぇよ、きっと

●いお「触らぬ神に祟りなし、の真逆ッスね」






前にもついったで言ったがサ、

●ふう「うん?」

近代西洋儀式魔術、っていうのは魔術結社でやってるワケよ。でさ、そういうのにも新人勧誘ってあるワケじゃん?
でさ、そゆトコの技法ってのは『やってみて割と実感しやすい』ってのが必要なワケ

●みつ「まぁ、実体験が一番説得力がありますよね」

そそ。
……まぁ過去にそういう『師匠が言った通りの体験をする』って方法で勧誘をして、無差別テロを起こした宗教団体とかもあるわけだから、すっごい気をつけなきゃいけないんだけど。

●ひと「あー、あの宗教団体ですか。あたしが生まれた頃にはもう危険視されてましたけど……」

……うわっ!!そっか、1995年だもんな。ブログ見てる人の中には、あの事件後に生まれた人もいるか!?
ちょっと記事の頭に注意書き書いてくるわ!!


・・・・・・・・・・・・


……うあー、そうだよなぁ……実際に触れてない人もいるよなぁ、きっと。
ま、あの事件後だからこそ、みんな危機感があるのかもしれないけど、でも怖いね。

●よい「そういう勧誘方法だったんだよね?」

そ。『ある程度原理が分かっているちょっと不思議な現象』を『神秘体験』って銘打って、『コレが出来る師匠はすっごい人なんだぞ!!』って伝えたわけ

●みや「そんなんで騙されるの?」

いやホラ、例えば整体とかって、『知らない道理に基づいて劇的な効果を実体験できる』じゃん?それを実際感じると、『うわー!!この人すっげー!!』って感じるわけよ。
もちろん、整体はどういう理屈か分かってるけど、『タネの分からない不思議なモノ』だった場合、それは不思議として心にすっごい残るのさ。んで、『それは○○のせいなんだよ!!』って言われるとコロって信じちゃうわけ。
頭の良し悪しは関係なくね。あの団体だって、東大出身者が大勢いたんだから。
まぁ、もちろん社会不安に付け込んだ、とかもあるけど、でもやっぱり勧誘はそういうジムとかが多かったんだって。

●くう「ホントに14番くんこわがっとるなぁ」

そら怖いよ!!あの時はまだ小学生だったけど、マジで連日連夜報道されてたんだから!!
指名手配のポスターとかずーっと張ってあったし。13人の方が亡くなって、6300人が負傷した、化学兵器テロだぞ?そりゃ、子ども心にすっごい恐怖だったさ。他にも殺人事件とか起きてるし、しかもその首謀者が『変なオジサン』扱いとはいえテレビにもフツーに出てたヤツなんだから。

●やつ「…………」

ホント、だからさ、ああいうのに引っかかる人は少なくなって欲しいのさ。
自分の親兄弟が被害に遭ったわけじゃ無いけど、あんな事件は二度と起きて欲しくない。
だから、もしこのブログ見て、そういうのに引っかかるような人が居て欲しくないのさ。
もしも、このブログを見て、そういう危険から逃げることが出来たら、それはすごいいいことだと思うのさ。
『なんでも疑ってかかるコト』っていうのは、ホント大事だからね。

●ひと「そですね。こんな辺鄙なブログですけど、誰かの役に立てたらいいですね」

うん。大の大人が、思い出すだけで本気で怖がって嫌がるようなコトがあった、って、もしあの事件を知らない人が居たら思ってもらえたらいいな。
そんで、僕の言うコトも含めて「まゆつば」で考えて、自分で調べてくれるようになるといいな。
……調べたら、まだ勧誘してるみたいだし。あー、いやだいやだ……怖いなぁ……

●よい「……」

……あー、もう。なんか、ふざける気持ちじゃなくなっちゃったなぁ。
追記は一発書きだから、テンションが戻らねぇや。

ま、次にダイブ先の話する時にテンション上げて書こっと。

●むつ「無理はしない方がいいですからね」

……いやぁ、こんな記事にはコメントし辛いだろうしなぁ。
まぁいいや、気力があれば後で編集し直そ。






というコトで。
みなさんも色々気をつけましょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

14番

Author:14番
Author:14番
オカルトに対して科学的にアプローチするという歪んだ愛情表現をする男。現在は(人工精霊)と楽しく暮らす。

画像はウチの子筆頭の「ひと」です。イラストを描いて頂いて、それだけだとモッタイナイので使用させていただきました。カワイイ!!

状態:
12体。聴覚化とか触覚化とかできてるけど、視覚化は4体が今のところ限界。だったけど、調子のいい時は気合いでイケるようになったよ‼そして全員かわいい。

なにかありましたら
sci7occ2no14あっとじーめーる
まで

ついった始めました
@sci7occ2
でやんす

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
14番なう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。